マジカルスリー・だいすけのなりゆき長者ブログ

沖縄/大阪WEB広告・ホームページ制作・印刷物制作 マジカルスリー 「福」代表のブログ

*

SSLを使わないと検索エンジンに表示されなくなる・・・かも?

      2016/09/09

Pocket

SSLって暗号化のことでしょ?なんで検索エンジン?

SSLがSEO(検索エンジン最適化)にどう関わってくるのか非常に分かりにくい部分ではありますが、要約すると

「SSL使っていない非セキュア(非安全)なサイトは後回しにしますよ」

ということらしいです。

Googleウェブマスター向け公式ブログ

そもそもSSLってよくわからない・・・

という方もまだまだ多いと思います。

わからなくても使っている方は非常に多いのです。

例えば銀行サイトのログイン画面やショッピングサイトのカートなどに使われているのがそれです。

近年、よりセキュリティを高めようと個人情報を入力するカートのページやログインのページ以外の通常のページまでHTTPS通信(SSL)にする流れになってきております。

これは俗に「常時SSL」と呼ばれております。

こうすることでよりセキュア(安全)になるんですねー。

SSLってどうやって使うの?

認証局に申し込んでSSL用のキーをもらい、サーバーに設定します。

ネックとしてはこのSSL、しっかりしたものはそこそこお値段が張るんです・・・。

安いサーバーだと格安のSSLも使えたりするんですけどね。

常時SSL化はしたほうが良い?

私個人の意見としては、

「ケースによる」

というところです。

極普通の企業紹介サイトならば特に行う必要は「今のところ」無いと考えています。

SSLを使わないことでセキュリティ的に不安、かつ漏れると重大な損失が発生する場合はぜひ入れたほうが良いのですが、それにかかる費用とのにらめっこというのが正直なところです。

SSLを既に入れている場合、サイトまるごとのSSL化(常時SSL)はそこまで大変ではないので良いのですが・・・。

また、SSL化することでサーバーに負担がかかるんじゃないの?と思う方も居ると思います。

その方はいいとこ突いてます!暗号化することで普通余分な処理が必要になるためサーバー負担は通常避けれないのでは・・・と思うのが自然な流れ。

ところが、従来のHTTP通信はWEBサイト閲覧用の通信規格としては最古のもの。

これ以上のパフォーマンスアップが望みにくいということなんです。

それなら、割と使われているHTTPSという規格に変更しようじゃないか。という流れが全世界で起こっているようなのです。

従来のHTMLやサイトの変更も別に必要ないし、上位互換なのでいいや!ってな感じです。

Googleの動きもあり、これから常時SSL化をしていくサイトは増えていく傾向にあります。

使う人が多くなるとサービスは安くなるというのが世の常ですので、値段が落ち着くまで待つという選択肢もあると思います。

とはいえ、いずれ必ず変わっていく様子なので頭の片端にでも置いておくと良いかもしれませんね( ̄∇ ̄)

 - お仕事の事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

BASEを調べてみる

以前お客様から教えてもらったネットショップサービスの「BASE」。 今回、別のお …

手っ取り早く売りたい人向け!BASEはすごい!

BASEすごいですよ お客様の依頼でBASEを触ってみたのですが、これすごいです …

デザインで思うこと

よくデザインを作っている時に「ありきたりで陳腐なデザインだなあ」と思うことがあり …

GoogleMAPのマウスホイールスクロール拡大縮小を無効にする

ページスクロールしてる時にGoogleMAPのiframe部分がマウスホイールの …

スパムメール扱いされた意外な落とし穴

お客さんにメールを送ったら500エラーでケッチンくらいました。 なんでかなーとい …

日本語住所を英語にする「JUDRESS」

ドメイン登録などで住所を英語表記にすることが多いだいすけです。こんにちは。 これ …

Googleで著作権フリーな素材画像・写真・イラストを探す方法

WEBマーケティングで有名な藤村先生に教えていただいたテクをご紹介です♪ ブログ …

文字化けしない記号一覧

WEB上で日本語はおおよそ三種類の文字コードで表されます。 SHFT-JIS、E …

jimdoの総評(無料版のみを評価しました)

jimdoはすごいツールだと思います。 WEBサイト制作ツールもここまで来たんだ …

付箋仕事術を初めてから。

付箋仕事術を始めてから痩せっぽちのボクがこんなに逞しく!! ・・・なるはずはなく …